livre

Enseigner l'oral au Japon - Un guide pratique

Comment enseigner efficacement la communication orale à des étudiants japonais?

Cela implique de prendre en compte la réalité culturelle japonaise, très différente de la réalité culturelle française, tant au niveau des comportements en classe que des codes d’expression orale.
Ce guide pratique présente une approche originale de l’enseignement de la communication, née au Japon pour répondre au challenge de classes d’universités de grande taille, peu motivées au départ.
Il s’adresse aussi bien aux enseignants débutants qu’aux enseignants expérimentés qui y trouveront un cadre pour donner sens à leur expérience et des techniques immédiatement applicables.
 

par Bruno Vannieu (2017)

フランス語コミュニケーション教授法
―日本人学生に教えるための実践ガイド

「日本人が日本語を話す際の会話の作法」と「フランス人がフランス語を話す際の会話の作法」は全く違います。フランス語会話を教える際には、その文化的差異をまず考慮に入れなければなりません。
大学でフランス語会話を教えるとき、このようなことが問題にならないでしょうか。

・学生のモチベーションが低い。
・クラスの人数が多い。
・学生が口を開かない。
・クラスがしーんとする。

この『フランス語コミュニケーション教授法ー日本人学生に教えるための実践ガイドー』では、日本の大学でのフランス語教授歴20年以上となる著者が、これらの難題を克服すべく長年の試行錯誤の中で培った独自のアプローチを紹介します。
新人教員の方はもちろんベテラン教員の方にとっても、ご自身の教授経験を活かすための枠組みや、すぐに実践できる授業テクニックについての発見があるでしょう。

→ ご注文はこちら(Amazon

著者:Bruno Vannieu  訳:池田潤

recherche

LES DÉBUTS DE LA MÉTHODE IMMÉDIATE

© 2020 by Labo MI